自然光を導くエコ照明 Hikari Mado
自然の太陽光を室内に取り込む エコで健康的な自然光を鏡面ダクトであらゆる場所へ導くシステムです。
光窓の仕組み
自然の光を窓のない部屋へ
「どこでも光窓」なら、建物の深部でも大丈夫。その時、その季節にあった光をあらゆる場所へ送り込みます。
人の生活のリズムを創る自然の光が日々の活動の場に溢れます。
CO2排出ゼロ。究極のエコ照明
自然から光を借りるので、当然不要なものを生み出しません。ということは外光で過ごせる間はコストも不要。
昼間明るいときは太陽の光で、暗くなれば電気を併用してという、ハイブリッドなくらしが常識になるかもしれません。

ミラーコートK
「どこでも光窓」を可能にした、高品質銀鏡めっき「ミラーコートK」
ミラーコートK は被膜構成がシンプルな三層構造であるにもかかわらず、増反射膜なしで全反射率95%を確保しました。
無駄なく光を導くことができ、様々な用途への展開が可能です。
ミラーコートK は成型機による折り曲げ加工においても被膜の剥離等がなく、多彩な形状に対応できます。
耐久性
ミラーコートK は独自の技術で「銀」の変色しやすい特性を抑えることに成功し、長期間高い反射率を維持製品サイズします。
光窓の用途例
お気に入りの場所に、お気に入りの室内花壇。自然光だから花や緑も元気に育ち、ちょっと自慢できる空間づくりが楽しめます。
窓を開けて眠るのは心配、でも光ダクトを使えばプライバシーを守ったまま、朝自然の光でさわやかな目覚めが迎えられます。
自然光で見るのが本来のモノの色、蛍光灯の下で見るのとは大きく違います。太陽光の下でのびのび勉強できる環境は大切です。
室内なのにそこはまるでオープンカフェ。自然なやさしい光の下で、お料理もおいしく新鮮に見えることでしょう。
LINE
ページのトップへ