豊富な屋根が選べる多用途タイプ 4種類の屋根が選べ、美しいラインが映える多用途タイプです。

片流れ型/背合せ型(W型)

型式一覧表

基本寸法図 [PDF]

価格

  • ※背合せ型(W型)は片流れ型の2倍の価格になります。

カラー鋼板屋根仕様

上段:基本棟価格 / 下段:追加棟価格

CSLB-225 BLマーク CSLB-245 BLマーク CSLB-270 BLマーク CSLB-280 BLマーク
\210,000 \213,000 \216,000 \219,000
\134,000 \136,000 \138,000 \140,000

ビニトップ屋根仕様

上段:基本棟価格 / 下段:追加棟価格

SLB-225 BLマーク SLB-245 BLマーク SLB-270 BLマーク SLB-280 BLマーク
\257,000 \260,000 \263,000 \266,000
\153,000 \155,000 \157,000 \159,000

カラーアルミ屋根仕様

上段:基本棟価格 / 下段:追加棟価格

ASLB-225 ASLB-245 ASLB-270 ASLB-280
\295,000 \298,000 \301,000 \304,000
\178,000 \180,000 \182,000 \184,000

制振鋼板屋根仕様

上段:基本棟価格 / 下段:追加棟価格

BSLB-225 BLマーク BSLB-245 BLマーク BSLB-270 BLマーク BSLB-280 BLマーク
\309,000 \312,000 \315,000 \318,000
\185,000 \187,000 \189,000 \191,000
  • ※H型とW型はBL認定品ではありません。
  • ※積雪型はありません。
  • ※アンカーボルト、運搬費、基礎工事費及び組立費は含まれていません。
  • ※二段式ラック対応型(H型)は基本棟¥22,000/棟、 追加棟¥11,000/棟 加算下さい。
  • ※オプション(オプションページをご覧ください)
    車止めパイプ、 壁パネル、 柱:ベースプレート仕様、 柱:埋め込み仕様(ボイド)、サポート柱
  • ※竪樋本数
    片流れ:3連棟で1ケ所 背合せ:2連棟で1ケ所

寸法と収納台数

片流れ 機種 サイズ(mm) 収納台数
間口 奥行 高さ
225型 2,250 2,000 2,000 (平置) 5
245型 2,450 2,000 2,000 (平置) 6
270型 2,700 2,000 2,000 (平置) 6
280型 2,800 2,000 2,000 (平置) 7
225型(H型) 2,250 2,000 2,600 (二段式) 10
270型(H型) 2,700 2,000 2,600 (二段式) 12
背合せ 機種 サイズ(mm) 収納台数
間口 奥行 高さ
225型 2,250 4,018 2,000 (平置) 10
245型 2,450 4,018 2,000 (平置) 12
270型 2,700 4,018 2,000 (平置) 12
280型 2,800 4,018 2,000 (平置) 14
225型(H型) 2,250 4,018 2,600 (二段式) 20
270型(H型) 2,700 4,018 2,600 (二段式) 24

仕様

部材 機種 材料仕様(mm) 仕上げ
柱・梁 各機種共通 鋼管(高耐食性めっき鋼板)φ89.1×4.2 焼付塗装 クリーム
母屋 各機種共通 塗装溶融亜鉛めっき鋼板(カラー鋼板) 60×30×10×1.6 ポリエステル樹脂
屋根 CSLB 塗装溶融亜鉛めっき鋼板(カラー鋼板)t0.5角リブ ポリエステル樹脂 表面:ダークブラウン
裏面:クリーム
SLB 両面被覆塩ビ鋼板(ビニトップ)t0.5角リブ 塩化ビニル樹脂 表面:ダークブラウン、グレー 裏面:クリーム
ASLB アルミニウム合金塗装板(カラーアルミ)t0.8角リブ ポリエステル樹脂 表面:ダークブラウン
裏面:クリーム
BSLB 塗装溶融亜鉛めっき鋼板(制振鋼板)t0.8角リブ ポリエステル樹脂
軒先化粧 各機種共通 両面被覆塩ビ鋼板(ビニトップ)t0.5 塩化ビニル樹脂 ダークブラウン、グレー
側化粧 各機種共通 アルミニウム形材 77×40×2.0 アクリル焼付塗装
ガセット 各機種共通 鋼板t4.5
軒樋 片流れ型(共通) アルミニウム形材 70×45×1.2 シルバー
谷樋 背合せ型(共通) 硬質塩ビ 120×90 グレー
竪樋 各機種共通 硬質塩ビ ライトグレー
  • 塩ビ鋼板、カラー鋼板、制振鋼板、カラーアルミの積雪荷重強度は900N/㎡ 積雪量45cmです。それ以上の負荷のかかる積雪地域には設置しないでください。
  • 基礎は、基本寸法図に記載の仕様と同等以上のものが必要です。